123無題.jpg
そろばんは計算が速くなるだけ?
そろばんは計算能力が上がるだけではありません。集中力・記憶力・判断力・忍耐力・想像力・情報を処理する能力などを日常生活で必要不可欠とされる能力が養います。パソコンや電卓の出現で「計算道具」としてのそろばんの位置づけが弱まった今でも、そろばんに通う子供たちが多いのには、そのような訳があります。そろばんで将来役立つ能力を身に付けましょう。
右脳と左脳のバランスをよく鍛えよう!
左脳は言語分析・公式・計算・理論に基づく働きをし、右脳は直感・想像に基づく働きをすることから、左脳は「知識脳」、右脳は「イメージ脳」と表現されたりもします。小学校に入学するまでは右脳によって多くの行動が行われるのですが、小学校入学以降は左脳中心の勉強のため、右脳を使う機会が減ってしまいます。理想的なのは左脳と右脳のバランスのとれた状態です。そろばんは右脳を鍛えます。

子供たちの学力

低下が叫ばれる作今、「読み・書き・そろばん」の基礎・基本が極めて大切であると再認識されており、脳医学の先生方も『そろばんは脳の活性化と開発に優れた効果がある』

と発表されています。

そろばんは、これからの時代を生き抜くための、柔軟な頭を作ります!
「暗記型」から「思考型」へと変わるこれからの教育。子供たちには「知識」よりも、これからの時代をたくましく生きていける為の様々な「能力」を身に付けてあげなければなりません。社会で必要とされる能力はどのような物があるのでしょうか?

集中力・記憶力・判断力

忍耐力・想像力・情報処理能力

その能力、そろばんで身に付きます。

203004.png
一般的にも知れ渡ってきていますが、脳は12歳までに急速に伸びることが脳科学で証明されています。特に幼少期は吸収力はがすごく、そろばんは目で見て指先を使うことで、脳を活性化させます。
情報が素早く手に入り、ボタン一つで色々なことができる現代、子どもたちはコツコツと努力を積み重ねていくことを学ぶ機会を失ってしまいました。
もうだめだ、限界だと思った時こそ成長のチャンス。継続することや努力を惜しまない姿勢をそろばん教育は教えてくれます。
そろばん教室 宇都宮市 創優珠算学園19.jpg