1c70914698b9f0ce911291c79dea3e52.jpg
そろばん教室 宇都宮市 創優珠算学園37.jpg
そろばん教室 宇都宮市 創優珠算学園40.jpg
そろばん教室 宇都宮市 創優珠算学園14.jpg
そろばん教室 宇都宮市 創優珠算学園13.jpg
そろばん教室 宇都宮市 創優珠算学園20.jpg
そろばん教室 宇都宮市 創優珠算学園3.jpg

そうゆうしゅざんがくえん

創優珠算学園

 
IMG_1794.JPG
IMG_1557.JPG
ishido_banner_690-163.jpg

ごあいさつ

そろばん教室 宇都宮市 創優珠算学園6.jpg
そろばん教室 宇都宮市 創優珠算学園16.jpg

く ぼ た せ い
塾 長  久保田 晴子

 そろばん学習で身に付けさせたいことは単なる計算の道具ではなく、能力開発・成功体験ツールの土台を作ることにあります。
 そろばんは、視覚的に捉えた情報を動作に置き換えて高速処理をします。
訓練を続けるイメージとして、暗算ができることでより右脳が活性化されます。  人間の脳をよりパワーアップさせるトレーニングのツールとして世界にも評価され注目が集まっているのです。

 私は、生徒にそろばんを通して技術力の向上はもちろんの事ですが、将来大切な心構え(心の訓練=(思いやり・感謝の心・達成感・自信・自己肯定感) )を養う指導を伝えさせていただいております。

【相手に対して思いやりを持つ大切な3つ】

1、
性格が悪かったり、してしまったことに傷ついて苦しんでいるお友達を目にした時には、そのお友達は、自分のとても大切な宝物なんだと思って、優しく思いやることができますように。


2、
お友達が、自分に対するやきもちから馬鹿にしたり嫌がる事をしてきたとしても、自分が損なことを引き受けて、そのお友達をゆるしてあげることができますように。


3、
一生懸命にいろんな事をしてあげたお友達や、あるいは自分の期待に応えてくれるはずだったお友達が、思いもよらず自分を傷つけたとしても、そのお友達は、自分の一番大切なお友達なんだと思うことができますように。

  
 この様に、そろばんだけではないお子様に将来必要な思いやりを育むプログラムも提供させていただいております。

そろばん 宇都宮市 創優珠算学園26.png

そろばんを通じて伝えたい6つの意思があります。
 
1.ひとりの人間として、子供と向き合う。個別対応教育
2.小さな成功体験が、大きな成長の種になる。スモールステップ方式
3.前向きなほめ言葉で、自己肯定の心を養う。(イメージコントロール法)
4.厳しくしてでも、教えるべきことがある。しつけ・教育
5.本番で試される厳しさが、子どもをたくましくする。競技・検定
6.限りない向上心こそ、教師の資質だと考える。珠算教師資格・研修制度

そろばん教室 宇都宮市 創優珠算学園27.png
創優珠算学園3.jpeg

子供のやる気を伸ばすために、何より大切なのは親の応援です。
 子供たちのやる気を伸ばし、未来を切り開く力を育てる、そろばん教育。しかし最後に私たちが保護者の皆様へお願いと守っていただきたいルールがあります。
それは、創優珠算学園 宝木教室に通わせてから先生と同じ思いで子供に寄り添い、ひとり一人のやる気を伸ばすために親としてできる惜しみないサポートです。子供には、短所もあれば長所もあります。
どんなに楽しいことでも、飽きやすい子供は「行きたくない」と言い始める時もあります。でも、それは一時的に飽きただけで大好きな先生や友達を大切に思う子供にとって、「やめたい」の意味ではないことがほとんどです。
先生には、教室で知識や技術、的確な指示や声援を送ることができますが、子供の個性や気持ちに常に寄り添い、苦しくても目標に向かって一緒に歩んでいけるのは、他の誰でもない保護者の皆様だけなのです。
だからこそ保護者と先生と子供、三者の努力が掛け算となった時、より確実にその効果を発揮することができると考えています。子供を応援する日々は、親にとっても大きな成長を与えてくれます。
ぜひ最大のサポーターとなって、私どもと共に子供のやる気を伸ばしてください。

1.子供の気持ちや成長に関心を持ってください。

子供が一番褒めて欲しい、認めて欲しいと思っているのは「親」です。先生はプロとして、子供がたくさんの努力ができ、目標を達成するための指導をします。保護者の皆様は、その結果を心から喜び、褒め言葉として子供に伝えて下さい。

2.我が子を他人と比べないでください。

子供の成長には個人差があり、人間誰でも得意不得意はあるものです。誰かと同じようにできたかという評価ではなく、自分自身ができるようになったかという軸で子供を評価してください。


3.子供の挑戦を応援してください。

できないこと困難なことから子供を守るのではなく、成長することの喜びや自己肯定感を育てることが大人の役目です。もし子供が壁にぶつかっても共に乗り越える気持ちで支え、乗り越えたときには大いに褒めてあげてください。

子どもの意欲
×
×
×
先生の情熱
親の応援
創優珠算学園3.jpeg
創優珠算学園 180.jpeg
そろばん教室 宇都宮市 創優珠算学園43
ツイッターロゴ.jpg